ソフトバレーボールについて

ソフトバレーボール連盟にも加盟するソフトバレーボールチームです。

●ソフトバレーボール競技の特長
(ソフトバレーボールルールブックより抜粋)
ソフトバレーボールは、1チーム4人の競技者が親しみやすい軟らかい
ボールを床に落としたり、反則することなくネットをはさんで
攻防を繰り広げ、そのラリーに勝ったチームが得点する方法で
勝敗を決定するというバレーボールと同じスポーツである。
また、生涯を通じてバレーボールを楽しむことができることを願って
考案されたもので、次のような特長を持っている。
(1) ボールをソフト化することによって、バレーボールの最も
重要な基礎技術である「パス」が、安全で、しかも容易にでき、
誰でも、いつでも、どこでもできるというバレーボールの特長が、
一層明確になるように工夫されている。
(2) 既存の施設、用具(バドミントンコート・支柱・ネット)の
活用で、手軽に競技することができる。
(3) 「発展性に乏しいため、とっつきやすいがすぐ飽きてしまい
余り普及しない。」という軽スポーツの持つ一般的な短所を改善し、
男女別、年齢、体力、経験、技術等のレベルに応じて、
単純な基礎技術による初歩的なゲームから、複雑な応用技術や各種の
作戦、戦術を駆使した高度なゲームまで、
多様な楽しみ方ができて奥行きが深い。
(4) ゲーム中、すべての競技者に対して等しくプレーする
チャンスが用意されている。
(5) 正規の6、9人制の長所を活かしているため、バレーボールの
素晴らしさに触れ、
リード・アップ・ゲームとして活用できるとともに、
ソフトバレーボールそのものを独立した競技として楽しむことができる。

日本ソフトバレーボール連盟ホームページより